コンテンツマーケティングをブログで導入する方法を考えてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新のコンテンツマーケティングの話を聞いてきたぞ!

こんにちは、山田です。

先日、株式会社クマベイスによる、「Content Marketing World 2017 報告会@熊本」に参加してきました。CEOの田中森士さんが、米国・クリーブランドで開かれた世界最大のコンテンツマーケティングのカンファレンスに参加され、そこで学んだ最先端のコンテンツマーケティングについて報告してくださいました。

定員10名で、即日満席になりキャンセル待ちになっていたほどのこの報告会。

私なんぞが参加させていただきよろしいのかと震えながらの参加でした。

コンテンツマーケティングとは、

Webメディアを立ち上げ、ターゲットにとって有益なコンテンツ(情報、記事など)を発信していくことで、将来の顧客との信頼関係を構築。購買行動へと繋げ、売上アップに貢献します。

クマベイスさんのホームページに書いてありました。昨日もそういう話をしてくださいました。

つまり、「自社メディア(オウンドメディア)を立ち上げて、読者が喜んでくれる記事を書いて、ファンにしちゃえばなんだって売れるよ!」ということです。

報告会では、アメリカで田中さんが見聞きし、知った最先端のコンテンツマーケティングについてお話してくださいました。

Googleの検索エンジンのアルゴリズムの変化や、インターネット上に膨大な情報が溢れている背景から、「これからの時代、コンテンツマーケティングしかない」のだと明言されていました。

そこで、こんな質問をしてみました。

「コンテンツマーケティングで私に彼女を作ることは可能ですか?」

はい、そこ。冷たい目で見ない。

これは切実な問題です。放置しておくと日本の少子高齢化問題や、人口減少に拍車をかけてしまいます。そう、もう既に私の個人的な問題ではなく、社会全体に関わる大問題なのです。

早急に手を打つ必要のある最重要案件ですので、できることはなんでもやらなければなりません。ここでこのような質問を投げかけたことにもしっかりと意味があるのです。

田中さんもさすがプロというだけあり、即座にご返答いただけました。

「ブログをやって、セルフブランディングしましょう」

来ました。来ましたよ。

ブログ、やってます!!!

ということで、しっかりとセルフブランディングして、ブログをオウンドメディアとして運用し、コンバージョン(目標達成=彼女作る)するには、コンテンツマーケティングのノウハウを最大限に生かすしかありません。

そこで、昨日学んだコンテンツマーケティングのノウハウを実践したいと思います。

ブログをオウンドメディアとしてセルフブランディングしよう!

まずはメディアの設計をしっかりしなければなりません。

必要なのは、

・ペルソナ設定

・カスタマージャーニーマップ設計

・サイト設計

・サイト構築

です。違ったらすみません。

ペルソナ設定

ペルソナ設定では、ターゲットとなる顧客の人物設定を考えます。具体的に設定した架空の人物がいることで、戦略が練りやすくなります。今回の場合、「架空の恋人像」です。完全に妄想じゃねーか。大丈夫、得意だよ、そういうの。

では、私が設定したペルソナを御覧ください。なお、当初設定したペルソナは未成年だったためボツになりました。公開するものは第2案となります。

里中 なずな 22歳 社会人1年目。身長151cm、体重は内緒。出身は熊本県人吉市。3姉妹の次女。熊本市内の大学に進学する同時に一人暮らしを始めた。現在は熊本市内の金融機関に勤務していて、「地域貢献したい」と思っていた自分の思いと、仕事のギャップに思い悩んでいる。大学時代の卒論は「地域マネジメントと六次産業化」。趣味はドライブで、休日には一人で阿蘇の喫茶店巡りなどをしている。空いた時間で近場でできる趣味を探しているが、なかなか見つからないでいる。ボランティアなどにも興味があるが参加したことはない。また、読書が好きで小説から実用書まで幅広く読んでいて、最近では、はあちゅう氏の著書がお気に入り。恋愛面に関しては周囲の友人らが恋人の愚痴ばかり話しているのを聞いて恋愛は人間の良識を奪い去るものだと認識していて、現在、恋人はいないが、男と話すことは多い。大学時代にバイト先の先輩に3年間片思いするも実らず、そのまま就職している。家族仲が非常に良く、特に妹を溺愛しており、今年大学に進学し市内にやってきたときには、一緒に暮らそうと提案するが「お姉ちゃんの嫁入りが遅れる」と断られている。Facebookは登録だけしていてたまに見る程度、Twitterは友人と相互フォローしているメインアカウントと、好きな著名人のツイートを見るだけのサブアカウントを持っている。Instagramは一時期のめり込んでいたが、今では友人と食事に行った時に少し投稿する程度。熊本で楽しく暮らしていく方法を模索中。

※これはあくまでペルソナ設定であり、私の好みではございません。断じて違います。

これくらい細かく設定することで明確なイメージを持つことができます。今後は里中なずなちゃん22歳に向けた記事を書いていけばいいわけです。

カスタマージャーニーマップ

続いて、カスタマージャーニーマップを作ります。これはカスタマー(お客さん)商品販売の場合、潜在顧客がどのようにして通常、「認知」「情報収集」「比較検討」「目標達成」という流れを辿っていくのか、そこに対してどんなアプローチができるのか、地図を作ります。

今回は、里中なずなちゃんが私と交際を始めるまでに、どんな敬意を経ていくのか、段階ごとに検証していきます。前提として、このブログを見てセルフブランディングを決め込んだ私に好意を持つ設定で進めていきたいと思います。

【イメージ図】

参考:https://ferret-plus.com/4064

【認知】

・熊本の地域情報を調べていたら「やまだのーと」が検索結果に表示される。

・友人がFacebookで「やまだのーと」の記事をシェアしているのを見る。

・Twitterでリツイートされた「やまだのーと」の記事を見る。

【情報収集】

・暇な時間にスマホで記事を読むようになる。

・過去の記事で興味のある記事を遡るようになる。

・ライターである山田の事が気になり(not恋愛感情)、プロフィールなどを読む

【比較検討】

・実際にFacebookで友達になったり、Twitterで相互フォローして、普段の言動などにも触れる。

・ブログ記事やSNSの投稿で気になったことをメッセンジャーやDMで直接やりとりするようになる。

・イベントやボランティアなどに一緒に参加しようとなり、初対面。

【目標達成】

・デートを重ねて交際、そして結婚へ。

多分こんな感じで良いと思います。本当はもっと作り込んだ方が良いのかもしれませんが、初めてなので簡単に行きましょう。

続いて、このカスタマージャーニーマップをベースにどの段階で、どんな記事が必要なのかサイトの設計をしていきます。

サイト設計

各項目ごとにどんなコンテンツが必要なのかを考えます。

例えば、なずなちゃんは、検索もしくはSNSからこのブログにアクセスすることで『認知』します。では、なずなちゃんが検索する要素、もしくはSNSでシェアされていた場合、思わずアクセスしてしまうような内容を考えましょう。

その際に役に立つのが設定しておいたペルソナです。

僕の里中なずなちゃんの要素を箇条書きにしてみましょう。

・人吉市出身
・金融機関に勤務
・地域貢献がしたい
・ドライブ
・喫茶店巡り
・ボランティア
・読書
・恋愛には非積極的
・家族仲が良好
・大学生の妹を溺愛
・熊本で楽しく暮らす方法を模索中

書き出すと、なずなちゃんがどんな人間なのか非常にわかりやすくなります。

これらの内容はなずなちゃんの興味のある分野(=知りたい情報)なので、題材として記事を書くことで、なずなちゃんがアクセスしてくれる可能性がぐぐっと上がります!!

例えば「熊本の金融業界の特徴まとめ」や、「熊本の穴場ドライブスポット5選」などの記事を掲載していくと、なずなちゃんは喜びます。

認知してもらった後は、なずなちゃんがこのブログや私自身について『情報収集』するフェーズに入ります。

最初は「あ、この人のブログなんか良い感じだな」と思うところから始まるでしょう。そして、「他にはどんな記事があるのかな」と過去記事を読み始め、少しずつ私の考えに共感したり、逆に意見を持つようになります。そうして、なずなちゃんは暇な時に、思い出したようにこのブログにアクセスするようになります。

そうするうちに、その記事を書く私自身のことが気になり始め、プロフィールを見るなどして、何をしているどんな人なのか、という点を調べはじめます。

そんな中で、山田のTwitterアカウントを発見します。「あ、この人記事以外でもこんなことつぶやいているんだ」となずなちゃんはフォローします。するとすぐにフォローが返ってきて相互フォローになります。基本的に女の子はしっかりフォローし返すようにしているので、間違いなくそうなります。

この段階でも、なずなちゃんはブログを読んでいますので、なずなちゃんのツイートを監視しつつ、よりなずなちゃんに寄り添った記事を書いていきましょう。

ある日、なずなちゃんは山田の書いた記事に誤字を見つけます。それをDMで伝えたことがきっかけで、個人間で連絡し合う仲になります。

そして、ある日私が「今度こういうイベントがあるんですけど、なずなさんも参加してみません?」と持ちかけます。なずなちゃんは2つ返事で参加を決めます。

結果として、そこで初めて直接会うことになります。なのに、お互いにネット上で触れ合っていたこともあり、初対面だという気がせず、すぐに意気投合します。

イベント後、2人で食事に行き、お互いに忙しい身の上ながら、頻繁に逢瀬を重ねます。

そして……、

「さあ、一緒にこの街を、そして僕らの2人の人生を、もっと素敵なものにしていこう」

そうやって、私となずなちゃんは一生幸せに暮らすのでした。これが『目標達成』です。

まとめ

ちょっと聞きかじった程度のコンテンツマーケティングの知識で、今後のこのブログの方針を決めました。これで私に彼女ができたら皆さんもぜひ真似して見てください。

実際に、私なんかのところにも「ウェブで収益を出したい」という相談が少なからずあります。今後、消費者に対して商品やサービスを周知し、潜在顧客を自社のファンにしていくのか考えると、しっかり寄り添っていくことが大切です。

オウンドメディアの運用を始めとするコンテンツマーケティングは、まさしくそのためにある手法だと思います。

私も里中なずなちゃんとしっかり寄り添って行きていきたいと思います。